いびき、眠気、不眠、激しい寝言と寝相 睡眠障害で悩んでいませんか?

眠りの病気のこと、睡眠障害の種類、検査と診断方法、治療管理、子どもの病気解説。岐阜市にある阪野クリニック院長監修。皆様の快眠生活を応援します。

眠りの病気の総合サイトへようこそ

睡眠外来で眠りの問題として多いものに、いびき、無呼吸、むずむず脚症状、不眠、昼間の眠気、寝言、夜間の異常行動があります。あなたの眠り、大丈夫ですか?

監修ドクターのメッセージ

当サイトでは岐阜・名古屋方面で診療している睡眠障害の専門医が、眠りの病気について検査、診断、対策、治療方法について紹介します。

不眠症、睡眠時無呼吸症候群(SAS: sleep apnea syndrome)でお困りの方は多いですが、その他にも様々なタイプの眠りの病気があります。

専門病院が不足している現状から、どこに受診すべきか分からないという声も聞きます。今後、信頼性あるコンテンツを岐阜・名古屋から発信していきます。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

SASは大きなイビキ、無呼吸発作、昼間の眠気が特徴の病気です。肥満、顎が小さい、後退している場合に生じる傾向があります。高血圧、脳卒中のリスクが高くなり要注意です。日中の眠気のほかにも、朝型の頭痛、胸焼け症状も生じることがあります。SASの軽症タイプとして、上気道抵抗症候群が知られています。

子どものいびき

子供のいびき

子供のいびき、無呼吸がある、耳鼻科で扁桃腺・アデノイド肥大を指摘され、手術を受けるか迷っている、おねしょ・夜尿が続く、居眠りが多いなど、困っている方が多いのが現状です。小児の睡眠時無呼吸の診断には終夜睡眠ポリグラフ検査が必要です。最寄の睡眠障害の専門医への相談を勧めます。

高齢者の睡眠障害:レム睡眠行動障害

高齢者の睡眠障害:レム睡眠行動障害

激しい寝言と寝相、夢に反応して体が動くなど、眠っている間に異常行動でお困りの中高年が増えています。レム睡眠行動異常症は神経内科領域の病気、パーキンソン病、認知症との関連があることが報告されています。

居眠り病:ナルコレプシー・過眠症

居眠り病:ナルコレプシー・過眠症

10代頃から耐え難い突然の眠気、寝入りに夢を見る、金縛り、怒ったり、笑ったりするときに脱力発作が生じる症状(カタプレキシー)が出現することがあります。居眠り病とも呼ばれるナルコレプシーは、昼寝を4-5回行い眠気の程度を評価するMSLTという脳波検査で評価します。睡眠障害の専門病院に治療の相談をしましょう。

大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の対策。CPAP治療とは。

高齢者に多い睡眠障害

高齢者に多い睡眠障害

夢を見て体を動かす症状、激しい寝言と寝相。レム睡眠行動障害とは。

子どものいびき

子どものいびき

小児のいびき、無呼吸症の悩み相談。手術を受けるか悩んでいる方へ。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある。思春期に多い病気。

取材、講演、監修依頼について

各種メディア取材、病院の教育講演、睡眠障害の記事監修など。
お問い合わせにご連絡下さい。

サイト内検索

Copyright © 2016 睡眠障害治療ガイド(阪野クリニック監修) All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る