いびき、眠気、不眠、激しい寝言と寝相 睡眠障害で悩んでいませんか?

睡眠障害の専門医 Dr阪野勝久(愛知県名古屋市生まれ)が、子どもの眠りの問題について、ポイントをお伝えします。

子どもの眠り、大丈夫ですか?

子どもの眠り、大丈夫ですか? 子どもは自分から睡眠障害の症状を訴えることが少ないので、養育者が子どもの眠っているときの様子、日中の症状について注意を払うことが大切です。下記のチェックリストで問題があるか調べましょう。

  • 規則正しい睡眠リズム、十分な睡眠時間ですか
  • 就寝時に問題はありませんか(眠れない、むずむず脚の症状)
  • 夜中、目が覚める、朝、起きられない
  • 昼間の眠気、居眠りが多い
  • 睡眠中の異常行動(夢遊病、叫ぶ)がある
  • 大きなイビキをかく

睡眠不足の問題

睡眠不足の問題 病院の外来で相談を受けるものに、昼間の眠気があります。睡眠不足は、子どもの成長と発達の遅れ、眠気、集中力の低下を引き起こします。イライラ感、多動が主症状となることもあります。 睡眠不足は肥満になりやすく、注意を要します。

夜型の生活、朝起きられない

夜型の生活、朝起きられない 近年の生活構造の変化により、夜型の生活を送る人々が多くなっています。受験を控える年代となると、夜遅くまで勉強している傾向が出てきます。就寝時間と起床時間が遅くなり、朝起きられない、学校に遅刻してしまう問題が多くなっています。睡眠リズム障害は中高生に多い眠りの病気です。

小児期で多い「眠りの病気」とは

小児期で多い「眠りの病気」とは 生活習慣(睡眠時間、リズムについて)が問題ないことが前提であると、夢遊病、夜驚症などのパラソムニア、睡眠時無呼吸症候群、概日リズム睡眠障害、ナルコレプシーなどがあります。アトピー性皮膚炎による掻痒感が原因で、浅眠、眠気をきたす場合も少なくありません。

子どものいびき、睡眠時無呼吸症候群

子どものいびき、睡眠時無呼吸症候群 幼児期に問題となる耳鼻科領域の病気でアデノイド肥大、口蓋扁桃肥大があります。子どものいびき・睡眠時無呼吸症候群の原因として最も多く、病院の耳鼻咽喉科で手術を受けるべきか迷っている養育者から相談を受けることがあります。

子どものいびき・睡眠時無呼吸症候群はこちら

思春期に問題となる過眠症、ナルコレプシー

思春期に問題となる過眠症、ナルコレプシー 中学、高校時代になると受験勉強で忙しくなる生徒が多くなります。 規則正しく、かつ、十分な睡眠をとっていても、授業中の眠気、居眠りが問題となり、病院を受診される場合があります。思春期に異常な眠気が問題となる病気として、ナルコレプシーおよび特発性過眠症があります。早目にスリープクリニックに相談しましょう。

昼間の強い眠気、居眠りでお困りの方はこちら
ホーム > 子供の睡眠障害
大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の対策。CPAP治療とは。

高齢者に多い睡眠障害

高齢者に多い睡眠障害

夢を見て体を動かす症状、激しい寝言と寝相。レム睡眠行動障害とは。

子どものいびき

子どものいびき

小児のいびき、無呼吸症の悩み相談。手術を受けるか悩んでいる方へ。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある。思春期に多い病気。

取材、講演、監修依頼について

各種メディア取材、病院の教育講演、睡眠障害の記事監修など。
お問い合わせにご連絡下さい。

サイト内検索

Copyright © 2017 睡眠障害治療ガイド(阪野クリニック監修) All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る