いびき、眠気、不眠、激しい寝言と寝相 睡眠障害で悩んでいませんか?

名古屋市、岐阜市方面で診療しているDr阪野がナルコレプシーなどの過眠症を診断するための精密検査を解説します。

反復睡眠潜時検査の基礎知識

タグ: , ,

眠気を評価する反復睡眠潜時検査(multiple sleep latency test:MSLT)

眠気を生じる眠りの病気は数多くあります。睡眠障害の国際分類の中に
中枢性過眠症と呼ばれる疾患群が分類されています。代表的な病気として、
ナルコレプシー、特発性過眠症があります。

一般的に、過眠症を診断するとき、他の睡眠障害や内科の病気、薬剤による
眠気への影響、睡眠不足などを除外した上で、反復睡眠潜時検査という
日中の眠気を客観的に評価するテストをオーダーします。

この検査は、multiple sleep latency testと英語表記されていますが、
病院の外来では、頭文字をとってMSLTを省略して呼称しています。
通常、終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)をMSLTの前夜に施行します。

どの病院でMSLTを受けることができるか?

MSLTが施行可能な病院やクリニックは少なく、過眠症で悩んでいる方々が
どこで診断を受ければよいか困っているのが現状です。日本睡眠学会の
A型の認定医療機関はナルコレプシーと過眠症の検査に対応しています。

詳細は睡眠障害の専門病院のページを参照して下さい。

反復睡眠潜時検査のプロトコール

MSLTは日中に4-5回の昼寝をとってもらい(もちろん脳波を装着した状態で)、
睡眠潜時(sleep latency)を各セッションで記録します。通常、朝9時から
2時間おきにセッションが始まり、最終の昼寝は午後5時から始まります。

このテストの注意点として、各セッションの30分前には喫煙中止が必要です。
また、緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーヒーなどカフェインを含む飲み物は、
この試験の結果に影響するので厳禁です。

検査開始から睡眠が記録された場合は、15分延長してレム睡眠が出現するかを
観察します。一方、まったく寝ないときは20分の記録で終了します。

過眠症の所見を判定するためのMSLTの基準について

ナルコレプシーおよび特発性過眠症の診断には、MSLTのデータを要します(※)。
測定結果を解釈するポイントとしては、以下の二つです。

1)入眠までにかかった平均時間(平均睡眠潜時)

2)入眠してから15分以内に出現するレム睡眠の回数
  (sleep onset REM period: SOREMP)

※ナルコレプシーtype1の診断で脳脊髄液のオレキシン値を測定した場合を除く。

客観的な眠気の尺度とは

Epworth sleepiness scale(エプワース眠気尺度)は主観的な眠気を
判定する質問票です。一方、MSLTは客観的に眠気を定量化したものです。
一般的には、平均睡眠潜時が5分以内の場合に病的な眠気と判断します。

睡眠障害の国際分類(ICSD-3)において、ナルコレプシーと特発性過眠症の
診断に用いられる基準は、「平均睡眠潜時8分以内」です。

入眠期レム睡眠(SOREMP)について

ナルコレプシーではSOREMPの回数がMSLTの5回のセッションで2回以上あることが
条件となっています。一方、特発性過眠症の診断には、SOREMPの回数が1回以下で
あることが必須となります。

さらに、MSLTは前夜にPSGを施行するので、PSG施行時に出現するSOREMPの
回数もカウントするルールになっています。

ナルコレプシーでは、PSGに記録されたSOREMPも1回分とします。特発性過眠症の
場合は、PSGでSOREMPが計測されれば、MSLTではSOREMPなしが条件となります。

特発性過眠症とナルコレプシーtype1(あるいはtype2)を鑑別するには、
臨床症状のカタプレキシーの有無に加えて、SOREMPの回数が勘所です。

どんなときにMSLTのデータが必要か

反復睡眠潜時試験は、ナルコレプシーが疑われるときに用いる検査の一つで、
特発性過眠症の診断にも有用です。また、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の方で、
CPAP治療を継続していても異常な眠気がある場合、臨床的な評価に必要です。

本邦では中枢神経刺激薬の適応があるか、眠気の客観的な判定のために、
MSTLは活用されています。

ホーム > 反復睡眠潜時検査の基礎知識
大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の対策。CPAP治療とは。

高齢者に多い睡眠障害

高齢者に多い睡眠障害

夢を見て体を動かす症状、激しい寝言と寝相。レム睡眠行動障害とは。

子どものいびき

子どものいびき

小児のいびき、無呼吸症の悩み相談。手術を受けるか悩んでいる方へ。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある。思春期に多い病気。

取材、講演、監修依頼について

各種メディア取材、病院の教育講演、睡眠障害の記事監修など。
お問い合わせにご連絡下さい。

サイト内検索

Copyright © 2017 睡眠障害治療ガイド(阪野クリニック監修) All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る