いびき、眠気、不眠、激しい寝言と寝相 睡眠障害で悩んでいませんか?

高度肥満があり、換気障害のために高炭酸ガス血症をきたす病気について、名古屋出身の睡眠障害専門医が概説します。

極度の体重増加が起こす肥満低換気症候群の症状と治療

タグ: ,

肥満低換気症候群(obesity hypoventilation syndrome:OHS)とは

日頃、睡眠障害の外来で診察をしていると、過食によって体重がかなり増えて
閉塞型睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea:OSA)の症状の治療相談を
希望されることが少なくありません。

その中には、重度の肥満体型のため、強い眠気および昼間でも頭痛が続く症状で
相談される方がいますが、息切れ、呼吸困難など、心不全の所見を呈することも
あります。今回は、重度の肥満に関連した眠りの病気について説明します。

上記の症状があると、肥満低換気症候群(OHS)が診断として疑われます。
睡眠障害の国際分類の中で、睡眠関連低換気のグループに属するものです。
高度の肥満と肺胞低換気(高炭酸ガス血症)が特徴である病気です。

最近ではピックウィック症候群(Pickwickian syndrome)の呼称について、
OHSとOSAが混同された疾患概念であるので、OHSとして使われていません。

病気を見つける糸口となる症状:昼間の眠気や頭痛

OHS患者では、日中の過眠症状を訴える場合が多いです。他の症状としては、
動脈中の二酸化炭素濃度が高いので、朝方の頭痛を生じることがあります。
その他、疲労感、気分障害、集中力および記憶力の低下が報告されています。

肥満低換気症候群は予後不良の病気です

高炭酸ガス血症に加えて低酸素血症も合併することが多いので、肺高血圧、
右心不全、不整脈などの循環器の病気を、緩徐に発症していきます。
多血症の所見として赤ら顔を呈することや、下腿浮腫が目立つ例もあります。

OHS患者は病院で病気として適切な診断を治療を受ける前までに、入院回数や
外来通院回数が多いことが知られています。高度肥満があることから、
致死性の心臓血管イベントが発生しやすい傾向があり、早期治療が大切です。

すでにメタボリックシンドロームを併発しているときは、高血圧、糖尿病、
脂質異常症への対策も一緒にとる必要があります。

診断について

肥満低換気症候群の確定診断には、覚醒時の低換気が存在していること、
すなわち、高炭酸ガス血症(PaCO2:45mmHg以上)が検査で確認されていること、
高度肥満(BMI:30kg/m2以上)があることの2点が必須となります。

低酸素血症は、診断に必要な条件ではありませんが、たいてい存在します。
さらに、低換気の原因が、先天性要因、心臓、肺や気道の病気、神経の病気、
薬剤による影響が主体ではないことが必要となっています。

終夜睡眠ポリグラフ検査の所見では、眠っているときに低換気の悪化が生じ、
特にレム睡眠の時間帯に著しくなります。一般的に、OHSでは8割以上の割合で
閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)を合併します。

治療と対策について

1)減量療法

この病気自体が、高度肥満に合併した睡眠関連呼吸障害であることから、
減量が根本的治療となります。体重減少によって、呼吸困難を解消し、
血圧の低下、眠りの質の向上をはかることがゴールとなります。

肥満外来では、食事療法と薬物療法を行うことが主体となります。
漢方薬、サノレックス(一般名:マジンドール)の名称で知られる
食欲を抑える薬などを活用します。

外科治療として、減量手術(bariatric surgery)を検討することも
あります。

2)呼吸補助療法

非侵襲的陽圧人工呼吸療法の中で、Bilevel-PAPと呼ばれる呼気圧と吸気圧の
2種類の圧が設定されたものを適応することが多いです。英語表記では、
non-invasive positive pressure ventilation(NIPPV)と呼ばれています。

この補助換気よる治療によって、OHSの本態である高炭酸ガス血症が改善し、
夜間の不安定な睡眠や呼吸困難が改善します。

CPAP治療を行うと夜間の無呼吸回数は減少しますが、昼間の高炭酸ガス血症の
是正については、不十分となることが多いようです。

ホーム > 極度の体重増加が起こす肥満低換気症候群の症状と治療
大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の対策。CPAP治療とは。

高齢者に多い睡眠障害

高齢者に多い睡眠障害

夢を見て体を動かす症状、激しい寝言と寝相。レム睡眠行動障害とは。

子どものいびき

子どものいびき

小児のいびき、無呼吸症の悩み相談。手術を受けるか悩んでいる方へ。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある。思春期に多い病気。

取材、講演、監修依頼について

各種メディア取材、病院の教育講演、睡眠障害の記事監修など。
お問い合わせにご連絡下さい。

サイト内検索

Copyright © 2017 睡眠障害治療ガイド(阪野クリニック監修) All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る