いびき、眠気、不眠、激しい寝言と寝相 睡眠障害で悩んでいませんか?

新薬ベルソムラは入眠困難の症状の改善に使われますが、副作用としては翌朝の眠気や集中力低下があります。

新しいタイプの不眠症治療薬について

タグ: , , ,

眠れない症状、寝つきが悪い、途中で目が覚める問題でお困りの方で睡眠薬による
治療を受けている方々の相談を受けることが多くなっています。

不眠対策の薬として、バルビツール酸系睡眠薬、ベンゾジアゼピン系、
そして、非ベンゾジアゼピン系薬剤が使用されていきました。
2010年にはメラトニン受容体アゴニストと呼ばれる新機序の薬が発売されました。

2014年11月26日、新薬スボレキサント(Suvorexant)が新発売され、
不眠症治療薬の選択肢として病院外来で利用することが可能になりました。

日中、起きている状態ではオレキシンという神経伝達物質が脳内ではたらいており、
覚醒の維持が可能になっています。

今回の薬は、オレキシン受容体をブロックして、覚醒の状態から眠る状態に
移行することで、入眠を助けます。副作用としては、傾眠や疲労感、頭痛、
朝方の眠気や集中力低下が報告されています。

病院外来では、不眠症の治療として、スボレキサント(薬品名:ベルソムラ)20mgを
就寝前に服用する形式で処方されます(高齢者の場合は15mgの用量です)。

ホーム > 新着情報 > 新しいタイプの不眠症治療薬について
大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の対策。CPAP治療とは。

高齢者に多い睡眠障害

高齢者に多い睡眠障害

夢を見て体を動かす症状、激しい寝言と寝相。レム睡眠行動障害とは。

子どものいびき

子どものいびき

小児のいびき、無呼吸症の悩み相談。手術を受けるか悩んでいる方へ。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある。思春期に多い病気。

取材、講演、監修依頼について

各種メディア取材、病院の教育講演、睡眠障害の記事監修など。
お問い合わせにご連絡下さい。

サイト内検索

Copyright © 2017 睡眠障害治療ガイド(阪野クリニック監修) All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る