いびき、眠気、不眠、激しい寝言と寝相 睡眠障害で悩んでいませんか?

思春期に昼間の眠気が耐えられない、長時間睡眠の傾向がある病気を、岐阜、名古屋エリアで診察しているDr阪野が詳説します。

特発性過眠症の診断方法と治療

タグ: , ,

眠気が強く、長く寝ても眠い特徴があります

中枢神経系の問題によって昼間に眠い症状が出る睡眠障害の代表格は、
ナルコレプシーです。本頁で紹介する病気は、中枢性過眠症と呼ばれる
グループに属する特発性過眠症(idiopathic hypersomnia)です。

特発性過眠症では、睡眠発作がナルコレプシーと比較すると長いこと、
深いノンレム睡眠が出現することが特徴となっています。
さらに、 夜間の睡眠時間が長くなる傾向があります(10時間以上となる)。

学校生活を送っている生徒では、この病気があると、寝起きが悪いので、
起こそうと試みてもなかなか起きません。また、何とか目覚めた後も
酩酊状態のような「頭がぼーっとする症状」が出現します。

居眠り、昼寝は1時間以上続くことが多く、ナルコレプシーと比べると、
眠ってもスッキリしていない傾向があります。自律神経症状の合併を
認めることもあります。

診断するために必須の症状と検査のポイント

まずは、毎日、眠気が強いという主症状があることが条件となります。
ナルコレプシーと同様に、「少なくとも3ヶ月以上続く眠気」が、
診断規準に必要な臨床症状です。思春期に発病することが多いです。

次に、カタプレキシー(情動脱力発作)が存在しないことが、
条件になります。ナルコレプシー1型との鑑別点です。

さらに、反復睡眠潜時検査(multiple sleep latency test:MSLT) の
データを活用します。(→詳細はMSLTのページへ)

眠りに入ってから15分以内に出現するレム睡眠の回数(※)が、
ナルコレプシーの診断基準に用いられる回数より少ないことを
確認しなければなりません。

※sleep onset REM period(SOREMP)のことです。

最後に、客観的な眠気尺度のデータ(MSLTにおいて平均睡眠潜時の短縮)
もしくは、過眠傾向を示唆する所見として、1日の睡眠時間の合計が
長いことをポリグラフ検査またはアクチグラフィによって確かめます。

MSLTで計測するSOREMPの回数および上記の眠気尺度や過眠傾向を示す
具体的な数値については、後述します。

睡眠障害の国際分類に基づく診断基準について

下記にある1から6の項目に合致する必要があります。

1.少なくとも3ヶ月以上続く眠気がある。

2.カタプレキシーがない。

3.SOREMPの回数が、MSLTの5回のセッションの中で2回未満である。

※前夜に行う終夜睡眠ポリグラフ検査にてSOREMPが出現した場合は、
 MLSTにおいてSOREMPが記録されないことが条件となります。

4.下記のいずれかを満たす(両者の条件に合致しても良い)。

A.MSLTにおいて平均睡眠潜時が、8分以内である。
B.1日の睡眠時間の合計が660分以上(多くは12-14時間以上)であり、
     ポリグラフまたはアクチグラフィによって確認されている。

5.睡眠不足が除外されている。

6.過眠の症状やMLSTの所見が、他の睡眠障害、精神疾患、薬剤による
  影響によって説明することができない。

診断の参考になる症状や検査所見

臨床の場において診断に役立つものとして、起床するのに時間がかかり、
目が覚めても、再び眠ってしまう症状や自動症の症状があります。
また、睡眠効率(90%以上)が高いことも参考所見となります。

治療管理について

特発性過眠症の原因は分かっていないので、眠気への対症療法が主体です。
ナルコレプシーの治療薬と同様の中枢神経刺激薬を用いることが多いです。
思春期に原因不明の眠気と長時間睡眠の傾向があれば専門医に相談しましょう。

ホーム > 特発性過眠症の診断方法と治療
大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の対策。CPAP治療とは。

高齢者に多い睡眠障害

高齢者に多い睡眠障害

夢を見て体を動かす症状、激しい寝言と寝相。レム睡眠行動障害とは。

子どものいびき

子どものいびき

小児のいびき、無呼吸症の悩み相談。手術を受けるか悩んでいる方へ。

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある。思春期に多い病気。

取材、講演、監修依頼について

各種メディア取材、病院の教育講演、睡眠障害の記事監修など。
お問い合わせにご連絡下さい。

サイト内検索

Copyright © 2017 睡眠障害治療ガイド(阪野クリニック監修) All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る